採用者の声

「保証金半額くん」はベンチャー企業の飛躍を後押しするサービスです
事業創造キャピタル株式会社

事業創造キャピタル(株)は、ベンチャー投資に留まらず、起業家の支援・育成を通じ、よりよいサービサーを世の中に出していくことで地域経済の活性化、そこより波及する日本経済の発展に貢献することを主目的としております。
地域活性化を主軸に、幅広い形での投資及び支援を行っている育成支援型のベンチャーキャピタルです。

代表取締役 永瀬俊彦
voice
平成4年3月:青山学院大学法学部公法学科 卒業
平成4年4月:住友銀行入行
平成13年4月:異業種間交流としてベンチャー企業に出向。2年間、新規事業立ち上げに従事する
平成15年9月:三井住友銀行退職
平成15年10月:学校法人新潟総合学院に入校。東京本部統括本部長に就任
平成19年4月: 学校法人新潟総合学院退社
平成19年4月:事業創造キャピタル(株)設立。専務取締役就任
平成21年5月:代表取締役に就任
1.どのような経緯で事業創造キャピタルの設立をされたのですか
新潟において永年若者の教育に携わり、世の中に有用な人材輩出に貢献してきたNSGグループ及びその代表である池田弘氏の掲げるベンチャービジネス育成を通じた地域活性化を
実現するために設立されました。
地域に根ざしつつ、新しい発想と幅広い人脈を活用したベンチャー投資と支援・育成を行って参ります。

2.具体的な活動内容をお聞かせください
ベンチャーキャピタルですので投資家からお金を集めてベンチャー企業に投資することが主な事業です。またそれに付随して、将来の投資先候補として有望な経営者の卵を見つけることにも注力しております。
3. 他社とのアライアンス機会提供として501会を開催しておりますが、501会とはどのような組織なのですか
生涯に500社もの会社設立に関わったとされる経済人・渋沢栄一(1840-1931)を超えて、新潟から501社の公開企業もしくは公開企業に準じる企業を設立していくことを目的として
2001年に設立されました。
現在、会員企業数は約130社になり、株式公開が見えてきたベンチャー企業も出てきています。毎月一回勉強会を開催し、定期的に交流・情報交換等を行っております。
4.501会は誰でも参加可能なのでしょうか
501会は新潟と東京でそれぞれ毎月1回開催しております。新潟の参加者は501会の会員がほとんどですが、東京は会員だけではなく、ゲストとしてベンチャー企業の経営者や将来起業したい社会人、大学生など幅広い出席者がいます。
501会のFacebookページがあるのですが口コミによりみなさん参加してくれていますね。
将来的には地方出身者が東京で集い、そのエネルギーを地方に還元できるような会にしていきたいです。
5. 『保証金半額くん』をご推薦いただいております理由についてお聞かせください
敷金・保証金が半額ですむことで手元資金が潤沢となり、採用や設備強化など本業に資金を費すことで飛躍するベンチャー企業があると思います。
また地方にこそ困っているベンチャー企業が多いので、地方での保証サービス提供も進めている日本商業不動産保証のサービスは地域活性化の新しい手段として注目しています。

一覧へ戻る